ガーゼが体内に 44年後見つかる 名大病院、女性に謝罪

名古屋大付属病院(名古屋市昭和区)は20日、愛知県在住の80代女性を2014年に手術した際、体内からガーゼのような物が見つかったと発表した。1970年に同病院で手術した時に取り残した可能性が高いという。女性は長年、腹痛などを訴えており、病院側は「異物が体内にあったことと無関係ではない」と説明し、本人と家族に謝罪した。

同病院によると、70年は不妊症対策の手術で、産婦人科が担当した。その後、骨盤内腫瘍が見つかり、14年4月に直腸の一部を切除する手術を受けた。切除した腫瘤(しゅりゅう)を病理検査したところ、一部にガーゼに似た異物があった。【山田一晶】

出典:毎日新聞

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*